中古車はどれが良い?おすすめの選び方を紹介します


走行距離を気にしてみよう

中古車はたくさん販売されています。自動車は走ると走行距離が増えます。走行距離は車がどれくらい使ったのかを確認できる要素です。たくさん走行距離がある車はその分、酷使しているのが特徴です。基本的に走行距離が多い車は販売価格も安めに設定されています。これに目をつけて走行距離が多い車を購入する人がいます。走行距離の多すぎる車はトラブルが行ってしまう可能性ので注意しておきましょう。こういうときはそこそこの走行距離の中古車を買うのがおすすめです。5万キロくらいの走行距離なら一般的に普通状態の車です。購入しても問題なく走行できます。1万キロ以内の走行距離だと新品同様の車に近く、値引きもほとんどされていません。

モデルチェンジする時期を考慮しよう

車は定期的にモデルチェンジを行っています。モデルチェンジをするとそれまで販売していた車は旧車として扱われます。そうなると中古市場にある旧車は一気に値段が下がります。この時期を見て旧車を購入すればお得に手に入れる事が可能です。スペック的には新車に劣りますが、それでもお買い得感はあります。またモデルチェンジの時期になると販売していた旧車は中古市場に流れてきます。ディーラー車なども流れてくるので、新品に近い車をお得に購入したいときにはこの時期を狙うのがおすすめです。モデルチェンジの時期になると中古ショップでも旧車を売るために営業が活発化します。そこで旧車の値引き交渉をしてみましょう。うまくいけば安く購入できます。

ボルボを仙台で探すなら、駅から少し離れた販売店へ行くという選択肢があります。自家用車の保有率の高い地域なので、様々な年式のタイプが見つかります。