家族全員でスキーに行くならバスのツアーがおすすめ!


スノーボードとは違い老若男女の間で人気があるスキー

1990年代半ばに日本ではストリートファッションブームが起き、この時期にスケートボード(スケボー)を始める若者が激増しました。スケボーの事が好きになった若者(特に男性層)は冬になるとスキー場にスノーボードをしに行くようになり、1990年代後半に若者の間で人気が爆発します。それ以降も、スノーボードとはストリートファッションとの相関性が高い事が関係し、愛好者の大半を若者世代が占めてきました。一方、遙か昔から日本にレジャーまたはスポーツとして定着してきたスキーは、スノーボードより難易度が低い事などにより老若男女の間で人気があります。

家族で新幹線に乗ってスキーに行くと交通費が高い

もし家族全員で新幹線を利用してスキー旅行に出かける場合、全員分の交通費を合わせるとかなりの額になってしまいます。一方、もし全員でバスツアーに参加した場合は、まず交通費が圧倒的に安くなります。さらに、自家用車で向かう場合と比べて帰りの運転に余力を残す必要はないため、日帰りツアーであれば到着してから夕方まで休みなく思いっきりスキーを楽しむ事が可能です。

どんなスキー場がいいか?

家族でバスのスキーツアーに参加する場合、子供の中に車酔いが激しい子がいる場合は、その子のことを第一に考えて近場のスキーに行くのがベストと言えるでしょう。あとは、スキー場によってキッズゲレンデが充実しているところと、そうでないところがありますので、ホームページをよく確認してみてください。その他、最高の思い出を作ってあげたい場合はレストランにて子供向けメニューが充実しているスキー場もおすすめです。

スキーツアーは、夜行バスや新幹線などのチケットだけでなく、ホテルや食事などがセットになった商品もあり、コストパフォーマンスを重視する学生やファミリーを中心に需要が高まっています。